我慢して働くことに疑問を持ちましょう。

誰でも一度は会社を辞めたくなるものだと思いますが、かといってその後の人生を左右する一大事でもあり、あっさり辞められることでもありません。その理由として以下のことが考えられます。

・辞めたら給料が入らなくなるし、その後の生活はどうなるのか?
・うまく転職できるかわからない
・自分が辞めたら同僚に仕事が回るので迷惑がかかる

私に関しては、会社を実際に辞めてみて、これらが杞憂であったと感じています。
なお、私は30代の独身男性です。扶養家族がいればまた事情が変わってくるかも知れません。しかし、独身だったら、つまり自分一人が生きていくだけなら、なにも会社にしがみつかなくとも十分生きていけます。病気やケガでとは違って会社を辞めるだけでは人は死にません。
不景気だと言いながらも求人は腐るほどあります。一度ハローワークに行ってパソコンで求人検索してみて下さい。よっぽどこだわりが強くない限り、いくらでも働き口があることがわかるでしょう。
自分に合わない会社で頑張り続ける必要性に疑問を持ちましょう。

さらに、自分が辞めても、会社は別の人材を補充するだけです。私が辞めても会社は何事もなく回っていってます。会社は迷惑どころか、むしろ人員削減になって喜んでいたかもしれません。

また、私の会社はブラック企業ではありませんでしたが、そういうヒドイ会社が存在しているのは劣悪な環境で働く社員がいるからです。みんながそんな会社はすぐに退職すれば、すぐに社員がいなくなり、会社は存続できなくなり潰れます。社会の健全化のためにも、ブラック企業はすぐに辞めるべきです。

結論ですが、会社を辞めてもちっとも悪くありません。自分に合わない会社に我慢して居続けることは精神修養以外の意味はありません。辞めたいならすぐに辞めてすぐに次に行きましょう。選択肢は自分で考えているより多いのです。今の会社で我慢するエネルギーを、前に進むことに振り向ければ道は開けるでしょう。