「会社辞めたい病」という病気?があるそうな。
突発的に会社を辞めたくなって、頭がそれでいっぱいになる病気らしい。中には慢性化して毎日会社を辞めたいと思っている人もいるようです。
対処法として様々な意見があります。
まずは有給を取ってみる、求人情報を探す、とりあえず辞表を書いてみる、などです。
しかし、根本的な解決策は会社を辞めることです。以上、解決!

断言しますが、会社を辞めて、それが直接の原因で死ぬことはありません。貧乏になることはありますが、とにかく死にません。
逆に、毎日うんざりしながら会社にしがみつき、うつ病などの病気になる人は大勢います。それで死ぬ人はいます。

嫌なことを我慢することは精神修養であって、とても尊いことだという思想の人は我慢し続ければいいですが、それ以外の人は楽な道を選べばいいと思います。そっちの方が自然です。

「いや、でも家族がいるし、会社を辞められない…」と言う人もいるでしょうが、親が会社を辞めたせいで、子供が餓死したというニュースは一度も聞いたことはありません。
また、いかに求人状況が厳しいといっても日本に会社は100万社以上あります。自分の会社などその内のたったひとつです。わざわざしがみつく必要があるのでしょうか。

そもそも、会社ってなに?神ですが、主君ですか、滅私奉公すべき対象ですか?
会社なんて、単なる商売やる上でのグループに過ぎません。嫌なら辞めて何が悪いのでしょうか?

会社辞めたい病はごじらせるとうつ病になるので、早急に解決しましょう。
なお、私は会社辞めたい病にかかったことはありません。なぜなら辞めたくなったので辞めたから(笑)。