パワハラ上司は死刑相当

過労自殺とは、長時間労働に精神的・肉体的に疲れきった挙句の自殺です。

仕事上の過労・ストレスにより、うつ病などの精神病が発病または悪化して、自殺という経緯とたどります。

過労死は仕事の疲労の蓄積による脳疾患や心臓疾患が原因の突然死ですが、過労自殺も広い意味での過労死に含まれます。

ニュースになった過労自殺の事例を見てみましょう。

★佐川急便
・係長(42歳)
・上司から激しいパワハラ
・月100時間、多い時で月200時間を超す時間外労働
飛び降り自殺。

★鐘淵化学工業
・出向中の男性(48歳)
・自殺前1カ月間の時間外労働は108時間
うつ病発症→会社倉庫で自殺

★JR西日本
・保安設備担当(28歳)
・時間外労働月約113〜254時間
飛び降り自殺。賠償金1億円。

★ワタミ
・新入社員(26歳)
・時間外労働140時間
・2ヶ月で休みが2日
・労災認定されるもワタミは損害賠償を認めず裁判中

★マツダ
・部品バイヤー(25歳)
・残業申請禁止
・激しいパワハラ
・孤立無援
・自殺後、上司、笑いながら「亡くなったわー」

どれも酷いとしか言いようがありません。
とくにマツダのケースは悪質で、この上司は何らかの刑事罰を受けるべきです。

犠牲になった方々はみな真面目な人ばかりだと思います。
私のようにいい加減な人ならそんな会社すぐに辞めます。

というか、辞める以外の解決策はあるのでしょうか。
職場環境の改善は一社員ができることではありませんし、上司を移動させる権限もありません。
すぐに辞めて転職すればいい話です。すぐに職が見つかるかは分かりませんが、少なくとも死ぬよりましです。

誰だったそんな地獄のような職場に配属されたいと思いませんが、そうなってしまったのは運が悪かったと思って、別の職場を探すべきです。
特に20代で過労自殺した人なんかは、まだ若いのでいくらでも職はあります。本当になぜ他の選択肢が見えなかったのか、残念としか言いようがありません。

一方、過労自殺を生み出した会社、職場、そこの上司は相当な社会的なペナルティがあってしかるべしだと思います。
佐川急便では他にも過労自殺の犠牲者がいますし、もっと監督省庁も指導すべきだと思います。

過労自殺する人の数

karojisatusu

過労自殺する人の数ははっきりしませんが、精神障害で労災認定される人が平成25年度で436人程度、自殺した人はそのうち63人ぐらいです。
この中には過労自殺だけではなく、仕事上のミス、上司のパワハラなども含みますが、過労自殺が占める割合が高いと思われます。

平成25年度精神障害の出来事別自殺者数一覧
仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった…14人
1か月に80時間以上の時間外労働を行った…5人
2週間以上にわたって連続勤務を行った…2人

(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた…5人
上司とのトラブルがあった…5人
セクシュアルハラスメントを受けた…1人

労災認定された自殺のうち、1/3程度が過労自殺と思われます。
また、パワハラも少なくありません。

何度も言いますが、こういうブラックな職場に配属されたら辞めるに限ります。
アホな上司や会社に人生を台無しにされる必要はありません。