入社するのは難しいが辞めるのは簡単

よくわかりませんが、会社を辞める方法について悩んでいる人も多いようです。
会社の辞め方なんて特に無いです。辞めます、という意思を示せばそれでOK。
私の場合、辞める随分前に「辞めるかもしれない」、と仲の良い先輩に言ったらそれが上司に伝わってました。それで呼び出されて事情を聞かれました。実際に退職の意思を伝えたときはすぐに具体的な退職のスケジュールを話し合いました。退職届や退職金の書類など、いくつか書類を書きましたが、特に煩雑ではありませんでした。下っ端だったので引き継ぎもそれほどありませんでした。退職の理由も「一身上の都合」だったので揉めることもありませんでした。
入社するのは難しかったですが、辞めるのはいとも簡単でした。
もし、会社が引き止めたとしても、退職届を提出してから2週間経てば、法的に拘束されることはありません。つまり、辞めると言ったら絶対やめられます。

もし、同じ業界に転職しようと考えている人なら、円満に退職するために気を配る必要はあるでしょう。立つ鳥跡を濁さずは必須です。退職する時にもプラスの印象で終える必要があるのでしょう。しかし、私のように二度とその業界に戻らないと決めているのなら、まああまり不義理もいけないとは思いますが、そこまで気を使う必要もないでしょう。

思えば、私には愛社精神とかまったくありませんでした。会社の駒となる代わりに給料をもらうというギブ・アンド・テイクの関係だと思っていました。だからこうもドライに行動できたのかもしれません。
毎年年末に放送している忠臣蔵で毎年感動するメンタリティの人にはやはり会社を辞めることは難しいのかも知れません。