「会社辞めたいコラム」の記事一覧(2 / 2ページ)

失敗しても自己破産すればいい?

会社辞めたいコラム 失敗したら自己破産すればいいよ

7年毎に借金がチャラになる!?

会社を辞めたら新たに何かしらの収入源が必要になってきます。働かなくていいほど十分な資産のある人は別にして、自分の店を開いたり、新たな事業を起こすパターンも多いと思います。しかし問題なのは開業資金です。

例えばラーメン屋を開くにしても、テナント入居料、店舗改装量、約3ヶ月分の運転資金など、おおよそ1千万円程度必要だと言われています。それほどの貯金のある人は少ないですし、大抵の場合は借金をして、売上の中から毎月少しずつ返していく計画になります。

しかし、もし繁盛しなかったら借金を返すどころか、運転資金も足りなくなり、計画は破綻します。
金を稼ぐつもりではじめたのに、結局のところ逆に多額の借金が残るという結果になります。残念ながら、それは稀なケースではありません。

私の見た限り、ラーメン屋では、新規開店した店の半分は3年以内に無くなっていると思います。また、新規に立ち上げた会社だと10年で半数以上が潰れると言いますし、新しく店や事業を始めることはかなりハイリスクと言えます。

しかし、多額の借金を背負えば、その後の人生すべてが借金の返済で終わる、というわけではありません。
法人の場合は会社がなくなれば社長や社員に借金は残りません。
個人の場合は自己破産(正確には免責)すれば簡単に借金は0円になります。

現在では年間10万人もの人が自己破産しており、これまでの累計では200万人を超えます。
自己破産は珍しいことではないのです。
原則では、自己破産は申請しても裁判所の審査があるので、すべてが認められるわけではないのですが、実際は99%以上の人が自己破産・免責が認められています。認められないのは裁判所に提出する書類に虚偽があった場合などです。事業に失敗したというケースではほとんどすべての申請は認められます。

つまり、事業に失敗しても、(思ったほど)リクスはない、という仕組みです。失敗しても0からまた再出発できるので、思い切ったチャレンジも可能になります。脱サラして何かを始めようと思う人達にはありがたい制度です。

ただし、自己破産・免責の制度も完璧ではありません。
まず、免責になればその後7年間は再び免責になりません。短い期間に何度も借金がチャラになるわけではないのです。
また、これはよく知られていますがカードも5年から10年の間は作れませんし、借金もできません。

そして、一番大きな問題は、自分が自己破産すると借金が保証人の方に移ってしまうことです。特に多額の借金をする場合は保証人を付ける場合が多いですが、自分が自己破産すると保証人になってくれた人に多大な迷惑をかけてしまいます。
結局、仁義を重んじる人は自己破産せず、任意整理などの他の借金整理の方法を選びます(任意整理も成立すればかなり借金がへります)。

なので、いくら「失敗したら自己破産すればいい」と思っても保証人のことは頭に入れておきましょう。


自殺統計から見る自営業者とサラリーマンの悩み

会社辞めたいコラム

内閣府・警察庁の「平成23年中における自殺の状況」を元に、自営業者とサラリーマンの自殺理由についてまとめてみました。

自営業・家族従業者 被雇用者・勤め人
健康問題 29% 27%
勤務問題 6% 24%
経済・生活問題 47% 19%
家庭問題 13% 15%
男女問題 2% 7%
学校問題 0% 0%
その他 4% 4%
合計 100% 100%

健康問題に関しては両者とも高率となっています。
しかし、注目したいのが、「被雇用者・勤め人」では勤務問題が24%であるのに対し、「自営業・家族従業者」ではわずか6%でしかない点です。
やはり仕事に関しては自営業の方が気楽なようです。
一方、経済・生活問題では「被雇用者・勤め人」では勤務問題が19%であるのに対し、「自営業・家族従業者」では47%とかなり高率になっています。
給料が安定したサラリーマンに比べ、自力で稼がなくてはいけない自営業者は浮き沈みが激しいので経済・生活問題に悩むことが多くなります。

どっちもどっちという結果ですが、ただ1つ言えるのはわざわざ死ぬほどのことではないということです。
勤務問題が嫌なら会社なんか辞めればいいし、経済・生活問題なら生活保護を受ければいいだけの問題です。

健康問題に比べたら逃げ道があるので、あまり深刻に悩まず、最悪の手段を選ばないで欲しいと切に願います。


NECのリストラについて思うこと

会社辞めたいコラム

最近、ネット上で話題になっている記事があります。
「私はこうして退職を強要された NECリストラ 面談一問一答メモ」
URL:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-09/2012100906_01_0.html

NECの1万人リストラで退職強要された男性が記録した面談の一問一答です。
40代の男性社員が計11回にも及ぶ個人面談で退職を強要されたと告発しました。「会社のひきょうなやり方には屈したくない」と職場に残って戦い続けているそうです。

記事を読んでいると、NECのやり方は確かに汚いと思います。嫌がらせ的な面談で自主的に辞めさせるなんて品性下劣です。
ですが、何が何でも会社に居続けようとするこの男性の姿勢にも「?」です。
この人の会社を辞めたくない気持ちはかなり強固ですが、それはなぜなのか?
会社の汚いやり方に対する意地もあるのでしょうが、おそらくこの人は会社を辞めたら人生が終わる、と思っているのではないでしょうか。

この人は面談中に、今の職場で今の業務をし続けたいと言っています。また、NECが好きだからと断言しています。
愛社精神も結構ですが、裏を返せば、他の場所(会社)で他の仕事をこなせる自信がないのだろうと思います。
会社からははっきりと不必要と言われているのに、それでも残りたいと言う必死さは、正に人生のすべてを失いかけているところから来ていると思います。

しかしなー、長期間の会社勤めでそれ以外の生き方が目に入らないくなっているのでしょう。
会社なんて辞めても生活する手段はいくらでもありますし、そこまでこだわる必要はまったくありません。

会社辞めても人生は終わりません。逆に楽しい人生が始まります(笑)。

NECの平均年収は約700万円とかなり高額で、辞めて次に何をやっても、年収は下がるでしょうが、その代わり自由な時間や、これまで自分が見えてなかった世界を知ることができると思います。
この人も職場に残って闘うよりも、さっさと割増の退職金をもらって次のステージに進んだほうがいいでしょう。NECに勤めていた時より今のほうが幸せです、と言える時がこの戦いの本当の勝利だと思います。


ページの先頭へ