会社員時代でたった1つ後悔していること

会社員時代でたった1つ後悔していること

nakama
会社を辞めた直後、「我が会社員生活に一片の悔いなし」と天に向かって叫びたいぐらいスッキリした気分でした。
3年間で無数の失敗はありましたが、退職すれば全部チャラ。
特に後悔も感じていませんでした。

しかし、時間が経てば自分の価値観も変わりますし、過去に対する評価も変わってきます。
私も今になって、あの時ああしていればな、という思いが出てきました。

それは、一人でもいいから会社を辞めても付き合っていける友人を作っておくべきだった、ということです。

現在は友人作りに苦心

私は現在は自営業で、一人で仕事をしています。

一人で仕事をしていると人間関係的なストレスがないので気がラクですが、いいことばかりではありません。

この3年ほど、友人作りに労力をかけています。

別に一人でもいいじゃないか、ラクだし、楽しいし、生きていけるし。

わりと最近までそういう考えでした。

私は孤独に強いと思います。今の仕事を始めた当初、1ヶ月誰とも話さないこともよくありましたが、寂しいと思ったことは1度もありませんでした。

しかし、一人のままで、誰とも深く関わらない状況では自分自身あまり成長しないかな、と徐々に感じ始めました。

人と比べるな、オンリーワンを目指せ、という風潮もありますが、やはり人と比べて負けたくないと頑張ったり、あるいは見習うべきところは見習って自分を意識的に成長させていくことが必要だと思います。

また、一人では難しいことが二人以上だとできることもよくあります。
麻雀やゴルフなどが典型例ですが、店で食事をすることだって大勢のほうが色んな種類が食べられてお得です。
また、店も自分一人では絶対入れないようなところに行けたりするので、知見も広がります。

やはり友人の存在は非常に有益であることを自営業開始から数年間の孤独と沈黙の末に悟りました。

我が会社員生活に一片の悔いあり

さて、前置きが長くなってしまいましたが、会社員時代もずっと私は一人でした。
と言っても会社なので当然周囲には人がいます。

しかし、会社の人とプライベートで親しく関わるということがありませんでした。
会社は仕事をする場所で、友達を作る場所ではない、と考えており、同期社員でもそれほど親しい間柄になることはありませんでした。

その考えは間違っているとは思いませんが、ちょっと頑な過ぎたかと思います。

別に会社で親しく付き合う人がいたっていいですよね。むしろ、仕事面でもプラスになるはずです。

昔の自分は、なんかこう、若かったというか、コミュニケーション能力が低かったというのも原因でしょうが、人を避けるところがありました。

仕事上はそれで問題ありませんでしたが、仕事以外で、一人で何をやっていたかというと、酒を飲んだりゲームをしていることが大半でした。その時は楽しかったですが、今思えばあまり有意義な時間であったとは思えません。

横浜の会社でしたが、3年ほど住み続けて、会社の人を含め、横浜で友人は一人もできませんでした。
当時はなんとも思いませんでしたが、今から思うとなんて残念な奴なんだと感じます。

会社を辞めてからは、会社の人との縁は切れました。大して親しくなかったので当然です。
一人でも繋がっていれば、私の辞めた後の会社のことなどを聞けて楽しかっただろうに。こちらとしても自営業の楽しさやツラさを伝えることで、相手に刺激を与えることができたかもしれません。結構いい関係が作れたんじゃないかと思います。

一人でもいいから、会社を辞めても付き合っていける友人を作っておくべきだったと後悔しています。

会社というのは望まなくても周囲に人がいて、関わらざるをえない環境です。それは煩わしく思う時もありますが、友人を作るには非常に良い環境だと思います。
これは、会社を離れてみないと気づかなかったと思います。

これから会社を辞めようと思う人でも、今の職場で仲がいい人がいたら、大切にしたほうがいいです。
きっとそれは辞めた後の財産になると思います。

私はこれまで友人づくりをサボっていたので、今苦労しています。


GW明けに会社を辞めようと思っている人へ

会社辞めたいコラム 会社辞めたい病の対処法

nayamu
毎年、4月から5月にかけて、このサイトのアクセスは上がります。
やはり、新入社員の皆さんが辞めたいと思う時期なのだろうと思います。

自分がその会社に合う合わないは長い目で見ないとわからない場合もありますが、一瞬で「無理」と悟る場合もあるでしょう。

事前の説明と仕事内容や待遇がまったく異なるなどは詐欺も同然なので辞めていいと思います。

また、新入社員なのに過剰なノルマを押し付けられる、いきなり36協定無視の長時間労働(サビ残)なども辞めてOKだと思います。

パワハラ・セクハラ・暴力などは言うまでもありません。そんな会社4月2日に辞表をだしていいぐらいです。

しかし、それほどブラックな会社ではないけど、自分の都合で辞めたい…、と思っている人もいるでしょう。

極端な話、深夜までゲームをやるので、朝起きられないから会社を辞めた、という人もいるぐらいです。

真面目な人なら、いくらなんでもそれは…、と思うでしょうが、個人的には他人から見てくだらないと思うような理由でも辞めていいと思います。

他ならならぬ自分の人生です。特に若い頃の時間は貴重です。好きに生きていいと思います。また、会社をすぐに辞めるとは職場に迷惑がかかることになりますが、違法ではありません。堂々と辞めればいいでしょう。

ただし、次のプランを考えてからにしましょう。

今回の就職は「失敗」ということになりますが、その経験を活かして、次は失敗しないような考えがあるならいつでも辞めていいと思います。

深夜までゲームをやって、昼に起きたければ、昼からのパートタイムの仕事を探せばいいでしょう。低賃金で将来もないですが、生活の中心をゲームにすると決意するならそれでいいと思います。

しかしまあ、そんな確固たる未来図も覚悟もないなら、とりあえず今回の会社辞めたい病は抑えこむとして、1年間その場で頑張ることをお勧めします。

ほとんどの職場では1年目よりも2年目の方が楽になります。

1年も経てば仕事も大体覚えますし、職場にも馴染みます。

そして、大きいのが後輩が入ってくることです。雑用や電話取りは新人の仕事ですが、後輩ができると大部分は開放されます。しかも、先輩風を吹かせることもできるし、毎朝会社に行くのが多少辛くなくなるはずです。

2年目になってもやっぱり辞めたい、となっても、1年目に辞めるより有利です。
1年以上勤めてから辞めると失業保険が3ヶ月受給できるので、その間にやり直す準備期間ができます。また、1年間頑張った自分へのご褒美として3ヶ月遊び呆けてもいいでしょう。

今年のGWの終わりは5月6日なのであと3週間ぐらいです。長く感じるかもしれませんが、こんな会社いつでも辞めてやる、と思って出社すると気が楽ですよ。
まあ、気候もいい時期ですし、身の振り方はゆっくり考えて下さい。


過労自殺するぐらいなら今すぐ会社辞めろ

過労死?バカじゃないの?

パワハラ上司は死刑相当

過労自殺とは、長時間労働に精神的・肉体的に疲れきった挙句の自殺です。

仕事上の過労・ストレスにより、うつ病などの精神病が発病または悪化して、自殺という経緯とたどります。

過労死は仕事の疲労の蓄積による脳疾患や心臓疾患が原因の突然死ですが、過労自殺も広い意味での過労死に含まれます。

ニュースになった過労自殺の事例を見てみましょう。

★佐川急便
・係長(42歳)
・上司から激しいパワハラ
・月100時間、多い時で月200時間を超す時間外労働
飛び降り自殺。

★鐘淵化学工業
・出向中の男性(48歳)
・自殺前1カ月間の時間外労働は108時間
うつ病発症→会社倉庫で自殺

★JR西日本
・保安設備担当(28歳)
・時間外労働月約113〜254時間
飛び降り自殺。賠償金1億円。

★ワタミ
・新入社員(26歳)
・時間外労働140時間
・2ヶ月で休みが2日
・労災認定されるもワタミは損害賠償を認めず裁判中

★マツダ
・部品バイヤー(25歳)
・残業申請禁止
・激しいパワハラ
・孤立無援
・自殺後、上司、笑いながら「亡くなったわー」

どれも酷いとしか言いようがありません。
とくにマツダのケースは悪質で、この上司は何らかの刑事罰を受けるべきです。

犠牲になった方々はみな真面目な人ばかりだと思います。
私のようにいい加減な人ならそんな会社すぐに辞めます。

というか、辞める以外の解決策はあるのでしょうか。
職場環境の改善は一社員ができることではありませんし、上司を移動させる権限もありません。
すぐに辞めて転職すればいい話です。すぐに職が見つかるかは分かりませんが、少なくとも死ぬよりましです。

誰だったそんな地獄のような職場に配属されたいと思いませんが、そうなってしまったのは運が悪かったと思って、別の職場を探すべきです。
特に20代で過労自殺した人なんかは、まだ若いのでいくらでも職はあります。本当になぜ他の選択肢が見えなかったのか、残念としか言いようがありません。

一方、過労自殺を生み出した会社、職場、そこの上司は相当な社会的なペナルティがあってしかるべしだと思います。
佐川急便では他にも過労自殺の犠牲者がいますし、もっと監督省庁も指導すべきだと思います。

過労自殺する人の数

karojisatusu

過労自殺する人の数ははっきりしませんが、精神障害で労災認定される人が平成25年度で436人程度、自殺した人はそのうち63人ぐらいです。
この中には過労自殺だけではなく、仕事上のミス、上司のパワハラなども含みますが、過労自殺が占める割合が高いと思われます。

平成25年度精神障害の出来事別自殺者数一覧
仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった…14人
1か月に80時間以上の時間外労働を行った…5人
2週間以上にわたって連続勤務を行った…2人

(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた…5人
上司とのトラブルがあった…5人
セクシュアルハラスメントを受けた…1人

労災認定された自殺のうち、1/3程度が過労自殺と思われます。
また、パワハラも少なくありません。

何度も言いますが、こういうブラックな職場に配属されたら辞めるに限ります。
アホな上司や会社に人生を台無しにされる必要はありません。


ページの先頭へ